企業の生産力向上

企業のIT化が、進んでいます。
これは、単にIT企業側が言っているわけではなく、クラウドサービスが本格的に普及してからそうなったのです。

企業が、通常インターネット接続をする場合は、法人向けプロバイダと契約することが多いです。
この法人向けプロバイダの選び方次第では、その後のソフトウェア投資が節約できるかどうかが決まってきます。
最近の法人向けプロバイダでは、グループウェアを提供してくれる企業があります。

グループウェアとは、企業におけるコミュニケーションツールです。
具体的な機能としては、文書管理、メールソフト、電子掲示板、予定表、ワークフローシステムなどが一体化したシステムです。
グループウェアとは、本来はパッケージソフトが多かったのですが、最近ではクラウド運用ができるものが増えています。

クラウド運用とは、ブラウザ上でソフトウェアの操作をすることです。
グループウェアをクラウド運用すれば、情報が随時色んなスタッフが更新できるので、情報処理が高速化します。
また、情報処理が高速化すれば、それは社員の仕事の効率化が進むということです。それは、まさに企業としての生産力が増えることなので、結果的に利益があることなのです。
法人向けプロバイダを選ぶ時に、このグループウェアの運用も視野に入れていれば、別途グループウェアに投資する必用がありません。
プロバイダの見直しがある時は、このソフトウェアのことも考えましょう。

OUT LINK

法人向けプロパイダの契約は@インターナップ・ジャパン
使い勝手の良い承認ソフトのサービスは@J-MOTTO

Calendar
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Category
  • カテゴリーなし
Search
Archives